FFジャンキーのデトキシン日記


by yoshizo

Akita #1

f0180581_21222548.jpg
f0180581_2122538.jpg
f0180581_21232652.jpg
f0180581_21235792.jpg
f0180581_21242358.jpg
f0180581_2125297.jpg
f0180581_21253623.jpg
f0180581_21261514.jpg
f0180581_21264091.jpg
f0180581_21284013.jpg
f0180581_21291348.jpg
f0180581_2130079.jpg
f0180581_21303339.jpg
f0180581_2132080.jpg
f0180581_21331860.jpg
f0180581_21334039.jpg


@bin
@mane
@yoshizo
[PR]
# by ff_addict | 2009-06-03 21:35 | Flyfishing

YUGAWA#2

先週に引き続き湯川詣で。
ヤツモモウラで数釣りを楽しんだ後、青木橋に向かった。
青木橋上流でTOMO☆さんと合流。その後、ストレートへ。
ストレートではだっさん、なかさんがライズゲームに興じていた。
その後、ガイナーさんも合流し、ストレートは大賑わいとなった。

ストレート上、対岸の朽ち木の際でライズ。
覗いてみるとなかなかのサイズ。
下流からネガティブカーブをかけてフライ先行で流すと朽ち木ギリギリで出た。と思ったらスッポ抜け。
その後もティペット細くしたり、フライサイズを変えてみたものの、完全に見切られた。

いったん青木橋に戻り、みんなを待つ。
全員そろったところでおしぼり師匠も合流。
橋下を覗いてみると、おそらく40cmはあろうかという「サヤカ嬢」が姿を現した。
皆さんいろいろとアプローチするが、人気を感じるとスプークしてしまう。
ボクはその間、上の倒木についてるヤツを狙うが、撃沈。
その後ガイナーさんが取ったらしい。

再度あいつをやっつけようとストレートに向かう。
ライズを確認し、準備に取りかかると、
f0180581_1639385.jpg

鹿が上流より葉を囓りながら近づいてきた。
頼むからライズ潰さないでと念じていると、ライズ直前でブッシュの中へ消えていった。

フライを#19スパークルダンに結び変え、朽ち木に打ち込む。
ややレーンを外れたが、果敢に食ってきた。
f0180581_1644198.jpg

f0180581_16442647.jpg

f0180581_16484286.jpg

およそ26cmの魚体。

その後は自分も満腹になってしまい、釣りがおろそかになってしまった。

帰りがけ、浅井さんを覗いてみると行列ができていたのでメンチカツは断念。

次回は浅井さんメインで詣でようと思う。
[PR]
# by ff_addict | 2009-05-24 16:48 | Flyfishing

YUGAWA

昨年度はこの時期苦戦を強いられたが、今年度の湯川は状況が良いようである。
今回はmorioさん、GANAIさん、トーマスさん、フライマンさん、だっさんとの釣行。

赤沼茶屋よりテラスまでのんびりと川沿いに釣り上がり。
ライズを二つ取ることができた。
f0180581_1962430.jpg

テラスに到着すると、すでにmorioさん、GANAIさん、トーマスさん、フライマンさんがいた。
皆さん、テラスでライズ待ちをするようなので、青木橋まで釣り上がっていった。
f0180581_1916229.jpg

青木橋から川を覗いてみたが、橋下は留守らしいので、だっさんを見つけにストレートへ向かう。
ストレートの大木の下で大きなスプラッシュライズ。対岸に徒渉し、大木の下へフライを流し込んだ。
f0180581_19171964.jpg

f0180581_19184620.jpg

ストマックはほとんどがコカゲとユスリカ。甲虫も一つ入っていた。
その後もストレートのライズに刺さり続けた。
結局ストレートではだっさんに会えないでいたが、帰りがけにヤツモモウラで合流。
二人してライズの釣りを堪能できた。

昨年は一昨年の台風の爪痕が残っていたが、今年度はかなり回復してきているように思う。
さて、今年は何度足を運べるだろうか。
[PR]
# by ff_addict | 2009-05-17 19:27 | Flyfishing

いつでも夢を

今日一日中頭の中で回っていたレコード

星よりひそかに 雨よりやさしく
あの娘はいつも歌っている
声がきこえる 淋しい胸に
涙に濡れたこの胸に
言っているいる お持ちなさいな
いつでも夢を いつでも夢を
星よりひそかに 雨よりやさしく
あの娘はいつも歌っている

作詩 佐伯孝夫  作曲 吉田 正

今日はCrossriverさんにお誘いいただき、本谷へ。
10年以上前になるが、役場前から釣り上がっていったときに「これ以上は行ってはいけない」と目の前にガラスの壁が現れて以来、行かなかった川。

午前中はなかなか厳しい釣りとなったが、昼過ぎに31cmが出た。
f0180581_2195125.jpg


f0180581_21102184.jpg

その直後Cross兄にも。
f0180581_2111192.jpg


f0180581_21121130.jpg

昼食休憩後、最終堰堤上に入渓。
開きでライズがあり、岩の上から確認するとかなりの魚体。
カワゲラがかなりハッチしていたので、#18のCDCブラックストーンに付け替えてキャスト。
2投目で出た。35cm。
f0180581_21202034.jpg


f0180581_2121935.jpg

痺れました。

合わせ切れ、スッポ抜け、多数ありましたが、上出来の一日でした。

やはり夢を持って釣りしないといけないなぁ。
[PR]
# by ff_addict | 2009-05-09 21:27 | Flyfishing

第三種接近遭遇

TOMO☆さんと川へ。
水量は平水並みに戻ったが、いかんせんサカナっ気がない。もちろんライズもなし。
車に戻ろうかと思った矢先、りんご屋さんが。
さすがに川の様子が気になって偵察に来た模様。左足を痛めて、病院の帰りだそうで・・・やはりヘンタイですね。
その後Apple Rodを振らせてもらった。#2も抜群にいいし、#5はバイブレーションが抑えられていて、素直なロッドアクション。阿寒川で活躍してくれることでしょう。
ライズを求めてりんご屋さんとともに少し上流へ。
大曲りの開きで数匹がライズを繰り返していた。
f0180581_18494994.jpg

下流からアップストリームキャストで攻めたが乗らず、再度上流からダウンで流したら一発で一番でかいのが咥えてくれた。
f0180581_1914666.jpg


f0180581_1931574.jpg

およそ8寸強。成魚放流物であったがなかなかの面構えのオス。

ここでりんご屋さん仕事に戻るが、その後また違う場所で会ってしまった。やっぱりヘンタイです。
[PR]
# by ff_addict | 2009-05-02 19:09 | Flyfishing