FFジャンキーのデトキシン日記


by yoshizo

Hondani

水生昆虫と陸生昆虫の端境期。フライ選択に迷う時期。
f0180581_19375744.jpg

テンカラ竿を持ち出したシト。吹いた。

f0180581_1940513.jpg

ガガンボがかなりハッチしていたのだけれども、ガガンボパターンの弾切れにより、#12のソラックスダンに切り替えてから爆。

f0180581_1942162.jpg

狭いポイントの肩について上を向いていたヤシ。

午後は最上流部のプールでシブーいライズに翻弄されるまま時間だけが過ぎていった。
モンカゲへのスプラッシュライズがあったのだけれども、ボクのモンカゲパターンには全く反応せず。
動きをいれたり、持てる知恵をすべて使ったが撃沈。
次回はキールフックパターンだな。きっと。
[PR]
# by ff_addict | 2010-06-29 19:47 | Flyfishing

monk-age

奥は晴れ。
f0180581_20461028.jpg

f0180581_20462849.jpg

朝一はここ。最近の定番。
f0180581_20471893.jpg

クワヤマカクスイ、オドリバエ、マルツツの釣り。
f0180581_20511695.jpg

午後4時を過ぎると・・・
f0180581_205266.jpg

monk-ageで。
先週は不発であったが、今週は◎。
[PR]
# by ff_addict | 2010-06-20 20:54 | Flyfishing

a winter day in late spring

f0180581_19192854.jpg

某源流

気温7℃

午前中はなんとかハッチがあり、ライズの釣りができた。午後は沈黙し、叩き上がりの釣り。

f0180581_19275138.jpg

昨日納車されたHONDA STEPWAGON

相棒として300,000km以上頼む。
[PR]
# by ff_addict | 2010-05-29 19:31 | Flyfishing

青天の霹靂~急転直下

全内による日光湯川禁漁区拡大の告知も突然でしたが、本日の禁漁区拡大の白紙撤回も突然でした。

トーマス・ブレィク・グラバーが日光湯川にブルックトラウトの発眼卵を放流して108年の時が経ちました。

100周年にあたる2002年にC&Rが実施され、現在までに放流は一切行われていません。

現在釣れるブルックトラウトは完全に自然再生産したものです。

f0180581_22393290.jpg


f0180581_22395328.jpg


f0180581_224093.jpg


禁漁区拡大は撤回されましたが、単にぬか喜びするのではなく、釣り人として湯川(あるいはすべての河川)の自然環境に対して今後どう向き合っていくのかが問われているのだということを忘れないようにしていきたいと思います。
[PR]
# by ff_addict | 2010-05-22 22:47 | Flyfishing

wet fly

この間も仲間にwetで尺られたので、久々にモンカゲのwetを巻いてみた。

f0180581_18332231.jpg


f0180581_18334045.jpg


Hook:Sawada Summer Sproat #8
Wing:Turkey Quill
Body:Synthetic
Rib:Copper wire
Hackle:C.D.L. Hen Neck
Tail:C.D.L. Hen Neck

こういうフライを使ったダイナミックな釣りも嫌いじゃない。
[PR]
# by ff_addict | 2010-05-13 18:57 | Flyfishing